Press "Enter" to skip to content

失敗しないマイグレーション

マイグレーションは既に多くの企業でも問題となっているのではないでしょうか。自力でマイグレーションできる会社はIT関連会社くらいのもので、ほかの企業は専門の会社に依頼しなければマイグレーションをすることができないのが現状です。

情報システムは変化する

情報システムは日々変化している時代です。その変化に対していかに迅速に対応することができるのか、柔軟性を持っているのか、俊敏性を持っているのか、それが求められる時代です。ですがミッションクリティカルなシステムをメインにしているメインフレーム依存が運用コストをさらに上げることにつながっていますし、現状に対する最適化を妨げていることもよくあります。今のITに係るコスト構造は維持することが中心ですが、戦略的投資へと移行する方法として近代化させる必要があります。重要視は指摘されてはいるのですが、モダイナイゼーションを今後は積極的に行っていかなければいけない時代なのです。

戦略性が高い対象へのIT投資

IT投資をするとなれば本当ならば、戦略性が高い対象に対して向けられるのが本来の筋です。ですが今はバックログを解消することやシステムをどうにかして維持させるためにお金を使っている会社はとても多いでしょう。今の現状を改善して戦略的なシステムの投資を考えるのですが、リスクが何処に潜んでいるのかわからないために、新しい投資に対しては躊躇してしまっているケースは少な雨ありません。維持するコストそのものも、経営を圧迫するというのは現状と言えるのです。

どうすれば近代化させることができるのか

どうすれば近代化させることができるのか、それはマイグレーションを成功させるしか他ありません。やはりマイグレーションが成功すればこの近代化の波に乗ることができますので、波に乗ることができれば成功するといっても過言ではないのです。

マイグレーションを失敗させないなら

マイグレーションを失敗させないならば、やはり専門の会社にサービスを依頼するのが一番と言えるのではないでしょうか。やはり会社は色々とありますが、その中でサービスが自分の会社が求めている内容と合致しているのかどうか、その点が重要です。マイグレーションサービスは色々とありますが自社が何を求めていて、何をしてもらいたい、どうなりたいと思っているのか、そのことをしっかりと理解してくれる会社を探すことも重要です。そうしなければうまく伝わらないのです。

一度にやってしまおうと思わない

パソコンどうしても焦りもありますからマイグレーションは一度にやってしまおうと思ってしまう人もいるかも知れないのですが、一度に完結させようなどとは思わないことが重要です。なぜならステップを踏んで少しずつ進めていくことだからです。まずはコンサルティングをしてもらって、マイグレーションをする対象がなんなのか、それはいまどのような問題を抱えているのか、そうしたことから丁寧に分析してもらいましょう。分析もせずにただマイグレーションをするということだけを考えていたのではなかなかうまくことは運ばないのです。しっかりと先を見据えて着実に意向を成功させるためにはコンサルティングを受けて分析と、現在のことをよく知った上で何が必要か、何がリスクになるのか、それを検討するところから始めると良いでしょう。そうしなければなかなか成功するというのは難しいのです。その後のサポートも依頼できる会社が良いでしょう。